TEL 092-401-5455
〒810-0073福岡県福岡市中央区舞鶴1丁目9-10

×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  カレーの種類

カレーの種類

カレーの種類

カレーの種類の違い
一口にカレーといっても色んな形態や作り方、食材、名称、地域によって違いがあります。
まずは、形態の違いについてみてみましょう。


カレー粉
カレー粉は「カレーパウダー」「純カレー」と呼ばれたりする
色んなスパイスやハーブをブレンドしたミックススパイスです。
ブレンドの仕方によって違いはありますが、カレー風味がする
香辛料で味の要素はありません。
このカレー粉をもとにして、カレールウや調味料として使われます。

カレールウ
カレールウは「即席カレー」「インスタントカレー」とも呼ばれいます。
”ルウ”というのは、小麦粉をバターやオイルで炒めたもので、
料理やソースにトロミを付ける働きがあります。
このルウをベースにカレー粉、油脂、調味料などを混ぜて固めて
仕上げたものがカレールウです。
味を決めているので、味付けがいりません。

調理済みカレー
調理済みカレーは、「レトルトカレー」「缶・冷凍・チルドカレー」があり、
肉や野菜などの具材とカレー粉や小麦粉、食用油脂、調味料などを
煮込んで調理したカレーソースをレトルトパウチ(袋)や缶などの容器に
密閉し、加圧加熱殺菌したものや密閉容器に入れ冷凍・チルドで流通させるもので、
温めるだけで簡単に食べられます。


 

2023-12-12 16:17:51

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
5,000以上お買い上げで送料無料

CATEGORY

ご自身でカレースパイスと七味のブレンドが可能です。